前へ
次へ

インフルエンザにかかりにくいような体質

これから気温が下がってきて、秋風が吹いてくるようになると、まもなく厳しい冬を迎えます。
寒さの厳しい冬は、インフルエンザのウイルスの活動が活発になる時期です。
ですからインフルエンザにかからないように対策が必要です。
外出する際には、必ずマスクを着用するなどの、しっかりとした準備が必要です。
外出先から戻ってきたら、まず、うがいをする習慣をつけましょう。
食塩水や、専門のうがい薬を使って、丁寧にうがいを繰り返すことが必要です。
忙しいビジネスマンなどでは、水道の水を使って、直接うがいをするだけでも、相当な予防効果が期待できます。
インフルエンザを予防するために一番効果的な方法が、 ワクチンを接種するという方法です。
ワクチンの接種はかかりつけの医師に相談してから、それを行うべきです。
会社などに設けられている診療所の先生に相談するのも良いことです。
ワクチンを接種しているだけで、インフルエンザにかかりにくいような体質になります。
体の中で、ウイルスと戦う役目をする抗体が作られるからです。
これは専門用語で抗原抗体反応と呼ばれています。

Page Top