前へ
次へ

インフルエンザとお腹の環境との関連性

インフルエンザは、お腹の環境との密接な関連性があります。
体調不良になるのを防ぎたい時は、やはりお腹の環境に注目する方が良いでしょう。
その主な理由は善玉菌です。
もともと人間には、病気を防ぐ力は備わっています。
ウィルスや細菌類が体内に入ってきても、防衛することは可能です。
なぜ防げるかというと、体の中に免疫細胞があるからです。
白血球などは人間の体を守る役割がありますが、それもお腹の環境に左右されます。
お腹が善玉優勢になっていると、その免疫細胞も活躍しやすくなる訳です。
しかし何らかの原因でお腹の環境が悪くなると、体調不良になりやすくなります。
という事は、ウィルスの脅威から体を守りたい時は、やはりお腹の環境に配慮するのが望ましいでしょう。
お腹の環境が良好であれば、体調不良になりづらくなるからです。
ですからインフルエンザが気になる時は、お腹の環境を良くするよう配慮してみると良いでしょう。
乳酸菌などはお腹の環境を整えてくれる力がありますし、摂取してみるのがおすすめです。

Page Top